忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[96] [95] [94] [93] [92] [91] [90]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一九九二年九月三十日付けで、ソフトバンクから紙の本として出した。
 当時の私は、コンピューター関連企業のスタッフにインタビューして、方向付けを探るといった記事を書いていた。

その後の私の道筋に、影響を与えた病気と向き合わされたのは、連載中だった。
「WindowsはMS―DOSの暗黒に一条の希望の光をさすか」という原稿のはちゃめちゃぶりには、「今までの流儀は今後一切まかりならぬ」と言い渡された際の逆上がよく現れているように思う。
 このコラムだけを、かろうじて書き続ける時期が長く続き、書籍化が決まってからも、各項への言い訳がなかなか用意できなかった。
 そんな中、本書の後書きで、私は違った書き方を見つけたように思う。
後の目で読み返してみると、原稿にはところどころに、ライターという肩書きに引きずられたような無理を感じる。
そのきしみが、本書の後書きには思う。
私は何かを捨て、何かを得たのだろう。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30