忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それを私は笑うのを常としていたのでこの日また行って見たら,ちっとも思いがけない兄様が弩にかかって泣き叫んでいる.
PR
日に外へ出て見ますと海は凪(な)ぎてひろびろとしていて,海の上にオキキリムイとシュプンラムカとサマユンクルが海猟に三人乗りで出かけています,それを見た私は私の持ってる悪い心がむらむらと出て来ました.
この岬,国の岬,神の岬の上をずーっと上へずーっと下へ軽い足取りで腰やわらかにかけ出しました.
「眼の曇ったつまらない奴
眼の曇った悪い奴
尻尾の下の臭い奴
尻尾の下の腐った奴
お尻からやにの出る奴
お尻から汚い水の出る奴
海辺に子供たちがおもちゃの小弓におもちゃの小矢をもってあそんで居ります.
その中に,子供等の中に一人の子供がただの(木製の)小弓にただの小矢を持って仲間にはいっています.
子供たちは砂吹雪を競争しました.
子供は第一のから私を入れて,それに言葉を添え,斯々(かくかく)のありさまを物語りました.
今は幾十年,この地は急速な変転をなし,山野は村に,村は町にと次第々々に開けてゆく.
その眼からは輝きは失われて,不安に充ち不平に燃え,鈍りくらんで行手もよその御慈悲にすがらねばならぬ,あさましい姿,おお亡びゆくもの……名前を私たちは持っているのでしょう.


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31