忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悪戯をしかけようと思って敷居の上に坐って,「トーロロ ハンロク ハンロク!」と鳴いた,ところが,若者は刀持つ手を上げ私を見ると,ニッコリ笑って,「それはお前の謡かえ? お前の喜びの歌かえ?
もっと聞きたいね.」というので私はよろこんで「トーロロ ハンロク ハンロク!」と鳴くと,彼の若者のいう事には,「それはお前のユーカラかえ? サケハウかえ?
PR
日になると暗い中にみんな起きて姉様たちが食事拵えを私に膳を出しみんな食事が済むと,矢筒を背負って行ってしまう.
日にまた兄様たち姉様たちは矢筒を背負って出て行ってしまった.
海の東に長い姉様,六人の姉様が手をつらねて輪をつくると,短い姉様,六人の姉様が,輪の中へ鯨を追い込む,長い兄様,六人の兄様,短い兄様,六人の兄様が輪の中へ鯨をねらい射その鯨の下を矢が通り上を矢が通る.
蓋の上をたたきながら鴉の若者を使者にたてる為その談判を云いきかせて三日たって談判を話しながら見ると鴉の若者は炉縁の後で居眠りをしている,それを見ると,癪(しゃく)にさわったので鴉の若者を羽ぐるみ引っぱたいて殺してしまった.
日に退屈なので浜辺へ出て,遊んでいたら一人の小男が来ていたから,川下へ下ると私も川下へ下り,川上へ来ると私も川上へ行き道をさえぎった.
日に好いお天気なので私の谷地に眼と口とだけ出して見てところが浜の方から人の話し声がきこえて来た.
泥の中から飛び出した.


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31