忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

芙蓉(ふよう)の花のように美しい中にも、清楚な趣のあった女のように思われる。
月が出ていた。
数えんや無(いな)
らんことを
曲々たる欄干(らんかん)
らん
君が再三分付(ぶんぷ)
母を拝するを待たんことを要す君須(すべか)
舞わん

 歌が終った時ぶんには、皆の眼に涙が光っていた。
愛卿は趙を送って岸へ出て、離れて往く舟に向って白い小さい手端(てさき)を見せていた。
愛卿はも一度万戸の方を見て恥かしそうに笑いながら外へ出た。
閤の中では愛卿が羅巾(らきん)を首にかけて縊(くび)れていた。
荒廃した家の内からは、返事を者もなければ、出てくる者もかった。
趙は茫然として中堂の中に立っていた。
趙は、東門となった春波門を出て往った。
らん恩情永く隔(へだた)り書信全く稀ならんとは
干戈(かんか)
歌の中に啜(すす)
二人は室の中へ入った。
趙も後から送って出た。
趙も胸がいっぱいになって言おうと思うことが口に出なかった。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30