忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蓋の上をたたきながら鴉の若者を使者にたてる為その談判を云いきかせて三日たって談判を話しながら見ると鴉の若者は炉縁の後で居眠りをしている,それを見ると,癪(しゃく)にさわったので鴉の若者を羽ぐるみ引っぱたいて殺してしまった.

若者,何も疲れた様子もなく聞いていて昼と夜を数えて六日目に私が言い終ると直ぐに天から出て天国へ行ってしまった.
そんな事をしない様に人間たちに,眠りの時,夢の中に教えてやったら,人間たちも悪かったという事に気が付き,それからは様に魚をとる道具を美しく作りそれで魚をとる.
私は,衰え弱ったので,天国へ行こうと思っていたのだけれども,私が守護している人間の国に人間たちが餓死しようとしているのに構わずに行く事が出来ないので,これまで居たのだけれども,今はもう気がかりも無いから,強い者若い勇者をあとに世を守護させて,今天国へ行く所なのだ.
と,国の守護神なる翁神(梟)が物語って天国へ行きました.

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31