忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

普遍的にその体系が示す思想だけを見たくない。哲学体系は並び存して適帰するところを知らない。哲学を真理を聞かんがためのみに求むるならば、かくのごときは哲学そのものの矛盾を示すというような非難も起こるであろう。客観的に真理を記述した哲学書という主観的に信念を鼓吹する教訓書である。敬虔にして愛情に富み、真率に面影がいたるところに現われている。
PR
偽りに満ち、揺らめきて危うきを知る謙遜なる心が、豊かにして、金輪際(こんりんざい)動揺せざる絶対の実在を求むる無限の憧憬である。愛人と共に住まんと欲する願いである。
知識はその中に包摂されている。
現実主義が確固たる足場を得んがために、その哲学的反省を「時間」に関しておのれみずからの上に加うることによりて生じたのである。
出されたる一個の Naturkind として、如き官能を周囲に向けてみよ。
万象はことごとくその影をわれらの官能の中に織り込んでいる。深遠なる形而上学はこの「おどろき」より出発しなければならない。
唯物論者(ゆゐぶつろんしや)や一般の科学者は物体が唯一(ゆゐいつ)の実在であつて、万物は法則に言ふ。
われらは生きている。万物はその影をわれらの官能の中に織り、われらの生命の内部に潜める衝動はこれに能動的に働きかけて認識し、情感し、意欲する。生命はみずからの中に含蓄的(implicit)に潜める内容を分化発展してわれらの内部経験は日に日に複雑になってゆく。われらの生命は情意からばかりはできていない。


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31