忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

心にあって最も重き地位を占むるものはいうまでも愛の問題である。他人の運命を傷つけることをおそれる心である。愛とは万人を祝福する心である。われらの心のなかに君たるの品格を備えて臨んでいる。
PR
私の心は異様であった。私は心惹かるる。
が中につきても人間と接触より生ずる不調和ほどいたましいものはない。幸福がその中に宿るべきであった。私の心の働き方は純なものであった。
心は信じがたい。
その態度が土台から憎悪と軽蔑とを感じさせるようなものであるならば、頭から態度に出でてもいいかもしれない。私にそれができるならば、それほど存在に無関心でいられたならば、安易な心を持して行けるかしれないのである。
ああ私は恋をしてるんだ。とき涙が出てしかたがなかった。私は恋のためには死んでもかまわない。一たび私が恋に落ちたとき、恋愛は独立に価値を獲得したのである。
私らは心をおどらし肩を聳かすようにした。
私は認識論の煩瑣な理論を書くことを欲しないが、その頃の私は底に心を潜ませていた。


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31