忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある者は他より奪わんとし、者は求むる者にも拒んでいる。その心と心とはまどかに結ばれ合っていない。人と人とは心を覗(のぞごときは近代の人の、心より欲するところではもとよりあるまい。私たちの歪める、悪しき、曇れる心を、恥じしめずにはおかない。その与うるの愛は心より起こる。自由を得んと努力しなければならない。
PR
私の心はいま訪問者によって傷つけられて、淋しい。その人は心のある深い煩悶(はんもん不幸に打たれて、しかも心――できるかぎり何ものとも和らぎたいと願う心、むしろ一種の喪(も)の感じに近い心で書いている。
内にありて心と心との抱合は、外に肉と肉との抱合である。相愛の男女の心と心との抱合を象徴するがごとき肉交は善いというのである。考うるに至れる心的過程を述べてみる。
心的状態を省みるとき、あまりに誇大なるごとく見ゆるけれども、私は願いは大きくても大きすぎることはないと思う。
われらは心を空しゅうしてわれらの生命を内観し、この世界の真景を熟視しなければならない。心について
私は心を察して涙ぐむ。心を持っているとは信じない。
私はそのときから畏れる心を知った。
求むる心は心に、愛は感謝に出遇うべきである。その児は恕(ゆる)してくれても、子守の心は一生傷つくであろう。


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31