忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

後に、六人と子供がついてきている。

だが目的は、公然たる乞食の子供を救うにとどまらない。
この中に子供を産む夫婦は二十万組いるものと推定される。貧困層において毎年十二万人の子供が生まれることになる。子供を育てるか、あるいは援助するか、となる。子供たちはその初歩を、もっと早い時から学んでいることは確かだろうが、その間は「見習生」と見なすのが正しいだろう。
彼らは両親から搾り取っているのだから、子供に対する権利も一番持っていると言えよう。

子供は、王国で産まれる子供の三分の一を占める。
子供を一人作るまでの仕事としては上等なものだ。
そういう子供を太らせるのは合わないのだそうだ。
それゆえ、国も彼ら自身も、災難から幸運にも救われるのだ。
彼らは子供を産む。この国における出産の多くは彼らによるものである。
どの女が太った子供を市場に提供できるか競い合うことになるのだ。
末っ子は九歳だし、妻は子供を産める年では

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31