忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そこで急いで剣を抽(ぬ)いて出ていって切りつけた。剣は怪しい男の股(あし)に中って一方の股が落ちた。 玉は女を抱きかかえて室の中へ伴(つ)れて来た。
その指を験(しら)べると右の拇(おやゆび)が断(き)れていた。
玉は阿英に出ていかしたことを後悔したが、どうすることもできなかった。

大いに懼れて、一家の者を伴(つ)れて山の中へ逃げた。
嫂は阿英を見て泣いた。
阿英は土で戸を塞(ふさ)いで家の中から外へ出ないようにさした。
「私がこちらへあがりましたのに、嫂さんがこれまで私に尽してくだされたことが忘れられないので、盗賊の難儀を分けあったのですが、兄さんがいらっしゃらないから、私は諺にいう、李にあらず奈にあらず、笑うべき人なりということになります。私はこれから帰って、また間(ひま)を見て一度伺います。」 嫂は訊いた。
主従は馬を乗りすてて金を腰にしばりつけ、草むらの中に匿れていた。盗賊が四方から迫って来て、草むらの中をさがしだした。
嫂はびっくりした。嫂は阿英だろうと思った。鸚鵡は正気づいて来た。翼をつくろって室の中をまわっていった。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31