忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子供のときから、猫の耳というと、一度「切符切り」でパチンとやってみたくて堪(たま
謹厳な客が、膝へあがって来た仔猫の耳を、話をしながら、しきりに抓(つね)って光景を忘れることができない。

引っ張るということに対しては、猫の耳は奇妙な構造を持っている。こんなところから、猫の耳は不死身のような疑いを受け、ひいては「切符切り」の危険にも曝(さら)されるのであるが、ある日、私は猫と遊んでいる最中に、とうとうその耳をしまったのである。
日私は奇妙な夢を見た。
仔猫がいないことや、その前足がどうやらその猫のものらしいことを、閃光(せんこう)
私は前足を引っ張って来て、いつも独り笑いをしながら、その毛並を撫でてやる。
前足の横側には、毛脚の短い絨氈(じゆうたん)のような毛が密生していて、なるほど化粧道具にもなりそうなのである。前足を掴んで来て、柔らかいその蹠(あしのうら)を、一つずつ私の眼蓋(まぶた)にあてがう。
お前は爪を立てるのだから。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31