忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

妻は赤ン坊(其の赤ン坊は今はもう歩くようになって、現に今之を書いている私の傍で、せっせと悪戯をしている)との間に立って、辛酸を嘗めていた。
父が赤ン坊を抱き上げて時には何が何だか分らなかったそうだ。赤ン坊は子だったんだ。

赤ン坊のお母さんだった。赤ン坊のお母さんは宅へ奉公に来た事があるそうで、私を見知っていた。あの日自動車に乗り悩んで時に、親切に赤ン坊を取って青年を一眼見ると、それがあっと思ううちに自動車に乗り損って終った。父は赤ン坊が手に渡ったので、いくらかは安心していた。
父はこの赤ン坊の事件を手に出す事を好まなかった。赤ン坊の行衛も突留める事が出来るのだから、赤ン坊の事は隠して、私の捜索のみを、事新しく警察に願い出たり、私立探偵社を煩わしたりして、一生懸命に手を尽したのであった。十数日の捜索が無効に終ったので、父はとうとう、母親をある探偵社にやって、赤ン坊の事を依頼さした。
妻も赤ン坊も赤ン坊の母親もみんな幸福だった。
赤ン坊は天使だった。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30