忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は話をきいていても、言葉を鼻で嗅ぐようになった。
顔を母が願いを許したのは、ゴルフとは華族とか大金満家とか、特権階級という遊びで寄りつけないものだと話にきいて知っていたからで、だから高価なゴルフ用具もまったく驚く顔色も買ってくれた。若者には華族であろうと大金満家の御曹子であろうと挨拶されてもソッポを向くこと、話しかけられてもフンとも返事をしないこと、その一日の出来事を報告して指示を仰ぐこと、細々と訓示を受けたが、大金満家か大華族に見染められればいいという魂胆で、二人づれでゴルフに行くなんて破天荒の異常事だということなどは気がつかないのだ。
PR
そこで急いで剣を抽(ぬ)いて出ていって切りつけた。剣は怪しい男の股(あし)に中って一方の股が落ちた。 玉は女を抱きかかえて室の中へ伴(つ)れて来た。
その指を験(しら)べると右の拇(おやゆび)が断(き)れていた。
玉は阿英に出ていかしたことを後悔したが、どうすることもできなかった。
ある人の話ではジャーナリストらしい。
「数学嫌いの原因が果して生徒の無能にのみよるかどうだか私にはよく分らない。むしろ私は多くの場合にその責任が教師の無能にあるような気がする。大概の教師はいろんな下らない問題を生徒にしかけて時間を空費している。
断片を評論や、また受売りに信用が措(お)けるかは疑問である。
犀利(さいり)な眼にはおそらく人間のあらゆる偏見や痴愚が眼につき過ぎて困るだろうという事は想像するに難くない。稀に口から洩れる辛辣(しんらつ)な諧謔(かいぎゃく)はそれを語るものである。眼力はニーチェと同じ程度かもしれない。
頭の中にいっぱいにたまってのが堤を決したような勢いで溢れ出した。立派なものであるが、その中の一つが相対論の元祖と称せられる「運動せる物体の電気力学」であった。彼を招かんとして躊躇(ちゅうちょ)していた。


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31