忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼の心には得意と、希望とが混じりながら存在していた。彼は暗かった青年時代を回想すると、謙遜な心で幸運を享受することができた。
彼の心には、憂慮も存在してかった。雄吉は、身体にも心にも、戦闘準備を整えて、青木の近よるのを待った。
雄吉の心持にも劣らないほどの大きな激動が、青木の心のうちにも、存在しないはずはなかった。
PR
久須美が帰ってきて、その気配でたいがい目がさめる。久須美が電燈をつけると、もうちょっと、あかりをつけないで、という。あかるい灯と、食卓いっぱいの御馳走が私の心を安心させ、ふるさとへ帰ったような落着きを与えてくれる。
子供心にそれが下品に卑しく見えて、母の無智無教養ということを呪っていた。
戦争中は事務員だったのだが、戦災で一挙に肉親を失った。
「奥さん、ノブちゃんの心境を変えるようになんとか助けて下さいな」「だめ。口説くことだけは独立独歩でなければだめよ」「友情がねえな、奥さんは。すべてこの紳士淑女には義務があるです。それは何かてえと友の恋をとりもつてえことですよ。私が女をつれて友だちに会う。するてえと、私は友達よりも私の方が偉いように威張り、また、りきむです。これ浮気の特権ですな。したがってまた友だちが女をつれて私の前へ現れたときは、私は彼の下役であり、また鈍物であるが如く彼をもちあげてやるです。これを紳士の教養と称し義務と称する、男女もまた友人たるときは例外なくこの教養、義務の心掛がなきゃ、これ実に淑女紳士の外道だなア。奥さんなんざア、天性これ淑女中の大淑女なんだから、私がいわなくっとも、なんとかして下さるはずなんだと思うんだけどな」
 久須美(専務)は五十六であった。
実際私はそんな心、反抗を、ムダな心、つまらぬこと、と見ていたが、おのずから生起する心は仕方がない。
女中のオソヨさんは布団をすて、コートに火がついてコートを羽織も無一物であったが、敏腕で布団と毛布をかりてくるまり、これも活躍で乾パンを三人前、といったって三枚だ、一日にたったそれだけ、あしたはお米を何とかしてあげる、と係りの者がいうので空腹だけれども我慢して、そして私はオソヨさんが、東京は無一物で、どうして帰れることやら、などとさまざまにこぼすのをききながら、私はしかし、ほんとにそうね、などと返事をしても、実際は無一物など気にしてかった。


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31