忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

内にありて心と心との抱合は、外に肉と肉との抱合である。相愛の男女の心と心との抱合を象徴するがごとき肉交は善いというのである。考うるに至れる心的過程を述べてみる。

この状態は心と心との抱擁を証していると誤まられる。
心と心との接触では心と接触である、その相は生物と共食いの相と同じ系統に属している。
女に対して性欲を起こしているときには、心は女を祝福していない、ゆえに罪である。心に酷似している。猫が鼠を食う前に弄ぶときの心と、男子が犯す女を肉交する前に悪戯する心とは酷似している。心には性欲が生じがたい、愛の純粋な喜悦のときは涙と感謝とがみちて、性欲は遠ざかっている。その償いに用意したる心をもって女に対すべきである。浄土がわれらの心の内に啓(ひら)けてこないからである。
一度純潔を失いたる青年は、そを惜しみ、恥じ、悔い、その償いに用意したる心をもって女に対すべきである。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31