忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

心的状態を省みるとき、あまりに誇大なるごとく見ゆるけれども、私は願いは大きくても大きすぎることはないと思う。
われらは心を空しゅうしてわれらの生命を内観し、この世界の真景を熟視しなければならない。心について

「人生にはさまざまの不調和がある。それを調和したい。けれど明日もし調和してしまったら変なものだ。やはり不調和のなかで苦しんで努力した方がいい」こういうことをいう人がある。
その救いを求める心の真実でないことを証するにすぎない。悲哀や不調和や罪そのものを選ぼうとする心は甘いでき心である。
仏を憶念するに馴れたる心を持って人間に対するが際立って見える。一度は心をたる霊感の(氏はその経験に対しても皮肉な感を持っているのであろうが)迷行したことを不幸に思う。われらの心を真直にせよ。その像に似んことを願うべきである。皮肉になるときわれらの心は「徳」の中に成長を止める。
汚れてくればよかったのにと思うことはできない。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28