忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は心を察して涙ぐむ。心を持っているとは信じない。
私はそのときから畏れる心を知った。
求むる心は心に、愛は感謝に出遇うべきである。その児は恕(ゆる)してくれても、子守の心は一生傷つくであろう。

人里へは出なかった。私は心を堅くして refuge に引き返し引き返した。
私は退隠するのは強いことと思って、市に出たい、心を叱ったのに、フランシスは退隠するのは弱いこととして、山に隠れたき心を鞭打っている。たとえ愛を求むる心は弱くとも、愛を求めずに与うる心で市に出でるのはもっと強いことである。
心はかなしみと忍耐に濡れて、親しい静けさを守っていた。私は祈りの心をしみじみと感じた。生命と触れたい心がある。素質あるものは、心の祈り、よもすがら枕頭に侍して、身も心も疲れた母の心に起こる切願である。宗教心とはこの恐るべきさだめの内にかえって造り主の愛を見いだす心をいうのであろう。
悲哀に触れて心は濡れて輝いている。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31