忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久須美が帰ってきて、その気配でたいがい目がさめる。久須美が電燈をつけると、もうちょっと、あかりをつけないで、という。あかるい灯と、食卓いっぱいの御馳走が私の心を安心させ、ふるさとへ帰ったような落着きを与えてくれる。
子供心にそれが下品に卑しく見えて、母の無智無教養ということを呪っていた。

 久須美はそういう私の気質を知っていた。
 私はその生きがいを与えてくれる久須美に対してどのように感謝を表現したらいいか、そのことで最も心を悩ました。
そして浮気をしないのが、久須美に対する感謝の一つの表現だと考えた。
しかし、また、「私の可愛いい子供、可愛いいアイスクリーム、可愛いいチッちゃな白い靴」 久須美はグッスリねむった。
久須美は呆れたように、しかし目をいくらか輝かせて、静かに一つ、うなずく。
久須美は我慢して、起きあがる。
私は彼がうたたねを乱される苦しさよりも、そのとき見出す私のニッコリした顔が彼の心を充たしていることを知っている。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31