忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

杉兄弟は歌津子とほとんど同じ一つの揺籃の中で育った。手で真紅(まっか)な帽子を被(かぶ)せられて、誇らしさとよろこびに夢中になったこともある。風車を廻すように、日なたできりきりと振り廻したこともある。日、彼らの明るい淀(よど)ない夢の世界に、決定的な出来事が起ったのであった。

駈落者らは、大忙(おおいそ)ぎで雑草を踏み越えて、そこに立っている無花果(いちじゅく)の樹に攀(よ)じ登った。
無花果が飛んできて足もとに落ちた。
兄と彼女とが同じ枝に止って、真白な口ばたに無花果の実の汁をつけて、笑っているのだった。
葉越しの太陽の光りが、彼らの白い皮膚の上に、もろもろとした斑点を写しているので見分けにくいが、じいっと眸(ひとみ)を凝(こ)らすと、大きな蜘蛛(くも)が、脚をいっぱいに伸して、奇怪な文身(いれずみ)か何かのように、頬にへばりついてるではないか。
蜘蛛は雰囲気を感じたのだろう。そこへ手をやると、蜘蛛は今度は上にだか

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31