忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雄吉の心のうちに、ように食いついて青木に対する悪感を、青木は知らないのかも知れないと、雄吉は思った。
雄吉には、青木のそうした無変化さが、物足りなかった。
雄吉は、話題を見つけようと思った。

雄吉は、みようと思った。雄吉は、岡本という男のことを思い出した。上に、大学を出てからも、職業がぶらぶらしていた。「君は、岡本の噂をきいたことがあるかい」と、雄吉がきくと、「岡本! あああいつか。あいつはまだ生きているのかい」と、青木は突き放すようにいった。
それを雄吉は胸に彫りつけているのに、青木はそれをけろりと忘れたように、雄吉に対して、それに対するなんの遠慮も、払っていないらしかった。
雄吉は、そのことが不快であった。雄吉は、どうかしてこの不快から逃れようと思った。「どうだい! 君、桑野のところへ行ってみないかい」と、雄吉は一策を考えた。
雄吉は給仕女を呼んで、勘定を払おうとした。雄吉は強いて争うべきことでもないので、青木のなすままにした。
雄吉は時計を見ると、三時を示していた。
雄吉は、始まったなと思った。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31