忍者ブログ
青空文庫を400字程度に要約
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

芙蓉(ふよう)の花のように美しい中にも、清楚な趣のあった女のように思われる。
月が出ていた。
数えんや無(いな)
らんことを
曲々たる欄干(らんかん)
らん
君が再三分付(ぶんぷ)
母を拝するを待たんことを要す君須(すべか)
舞わん
PR
この世とは、あきらめの努めか。日に虫食われゆき、仕合せも、陋巷(ろうこう)の内に、見つけし、となむ。
力を得て、これを完成させぬうちは、東京へ帰るまい、と御坂(みさか)の木枯(こがらし)つよい日に、勝手にひとりで約束した。
変なせきが出なくなった。
妹を誘惑(ゆうわく)して堕落(だらく)の境(さかい)にひきこもうとしつつチビ公をさがしまわった光一がいま下陰で見たのはたしかに妹文子の片袖(かたそで)とえび茶のはかまである。
風が出て松のこずえをさらさらと鳴らした。
柳一家は幸福に満たされていた、光一の心は好きなのは朝である。朝に目をさますと寝床(ねどこ)の中で校歌を一つうたう、それから床(とこ)をでて手水(ちょうず)をつかい茶の間へゆくと父と母と妹が待っている。
浦中と黙々は復讐戦(ふくしゅうせん)をやる、そのつぎには決勝をやる、復讐のまた復讐戦をやるという風にこの町の呼(よ)び物(もの)になった。
日でも熊田校長は外套(がいとう)


ホームページ制作 ソフトウェア開発 忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31